角膜疾患

翼状片

翼状片

翼状片とは、白目の表面を覆っている半透明の膜である結膜が、目頭(めがしら)の方から黒目に三角形状に入り込んでくる病気です。自覚症状としては充血や異物感などがあります。鏡で自分の目をみれば一目瞭然なので、「白目の一部が黒目に伸びてきた」というような症状で受診される人がほとんどです。しばしば両目に起こります。原因は不明ですが、高齢者に多く、病気の発生には紫外線が関係しているといわれています。

角膜炎・角膜潰瘍

角膜炎・角膜潰瘍

角膜炎・角膜潰瘍は、黒目(角膜)に炎症や潰瘍が生じて、痛み、視力低下、流涙などを生じる病気です。角膜の障害が進むと、混濁が残り、視力が障害されることもあります。角膜を傷つけて痛みが続くようなときは、放置せずに、早く治療することが大切です。

その他、下記のような角膜疾患に対応しております。

  • 全層角膜移植術後
  • 角膜不正乱視
  • ペルーシド角膜変性症
  • 強度角膜乱視
  • 屈折矯正手術 術後
  • 角膜炎

手術が必要な症例などは、慶應義塾大学病院へ紹介しております。