ドライアイ

ドライアイとは?

ドライアイは、涙液の減少あるいは質的な変化、涙液中の油成分の分泌異常により、涙が蒸発しやすい状態になり、眼の表面に障害を生じる疾患です。

症状として目の疲れや不快感、充血やコンタクトレンズのトラブル、症状が強いと角膜に炎症を起こし見え方にも影響を及ぼしてしまいます。空調やコンタクトレンズなど、環境に起因するものに加え、涙液分泌減少症やベーチェット病など、涙分泌が減少する病気もあります。

ドライアイの検査

シルマー検査 涙の量を調べる検査

専門のろ紙を瞼の縁にはさんで、5分間でどれくらいの長さがぬれるかを調べます。

細隙灯(さいげきとう)顕微鏡検査 眼の表面をみる検査

顕微鏡で角結膜上皮を観察します。 ドライアイでは涙液メニスカスといって、角膜とまぶたの間にたまった涙の高さが低いことが多く見られます。貯留した涙の量を直接見ることができます。

角結膜生体染色検査 眼の表面をみる検査

フルオレセインとローズベンガル染色液を点眼し、細隙灯顕微鏡で観察します。フルオレセインは角結膜上皮細胞の欠損部にたまります。従来、ローズベンガルは変性細胞が染色されるといわれていましたが、最近の研究 で角結膜上皮細胞のムチン層(粘液)が欠如 した部分とされています。ドライアイが悪化すると、眼表面には多くのキズがつき、角結膜上皮がはがれてしまう こともあります。

点眼による治療

保湿

ヒアルロン酸入りの点眼で目の表面を保湿します。点眼液ヒアルロン酸ナトリウムには粘性があり、水分を保つ効果があります。水分を補給するだけでなく、涙や点眼液を目の表面に長く保てることから、角膜の傷の修復につながります。

涙の分泌や質の改善

点眼液ジクアホソルナトリウムでムチン、水分を分泌させます。目の表面には、涙を定着させるタンパク質(ムチン)が分泌されています。ムチンや水分が十分な量になるとドライスポット(涙が乾いた部分)を改善され、涙がしっかり目にくっつくようになります。またまばたきがなめらかになり、角膜の傷の修復をはじめ、ドライアイ症状の改善につながります。

アレルギーの治療

ドライアイの人は、アレルギーを合併することが多くあります。その場合は抗アレルギー剤などでアレルギーの治療をします。

炎症を抑える

炎症がある場合は、炎症を抑える点眼をします。

涙をためる治療

涙をためる治療

眼液で効果が得られない場合は、涙点閉鎖による治療を行います。 涙の排出口である涙点を閉じ、涙の流出を抑えて、涙を目の表面に十分にためる方法です。涙点にシリコンや合成樹脂製の涙点プラグを挿入します。

涙点プラグが有効なケース

目の表面が乾燥することにより、目が疲れる、目が重い、目がごろごろする、充血する、角膜や結膜に傷がつくなどの症状をきたす「ドライアイ」に有効です。ドライアイによるコンタクトレンズ装用時のトラブルを軽減したり、目の手術などによって生じるドライアイを軽減させるためにも用いられることもあります。通院で容易に装着できます。

治療はこんなふうに行われます

  1. 点眼麻酔をします。
  2. スリットランプ(目を見る顕微鏡)で確認しながら患者さんの涙点の大きさを測定。
  3. 涙点の大きさに合ったプラグを挿入。現在はプラグがワンタッチで挿入できるように工夫されているため挿入がとても楽になりました。ほとんど痛みもなく、通常涙点の測定から挿入まで数分で終了。
  4. プラグが表面に突出していないか確認。装着後から通常通りの洗顔や入浴が可能。

涙点プラグのメリット・デメリット

メリット

  • ドライアイの治療の基本は涙液タイプの目薬の点眼ですが、点眼したときは潤いますが、それを保つことはできません。また、目薬には涙に含まれているタンパク質やビタミンなどの重要な成分は含まれいません。涙に勝る目薬はないのです。涙点プラグは自分の涙を目の表面にとどまらせる治療ですから、点眼より有効と言えます。
  • ドライアイで目の表面がトラブルを起こすと、数種類の目薬を点眼しなければならない場合があります。その場合、薬の副作用や防腐剤の影響などにも注意が必要です。涙点プラグの装着は体にやさしく、患者さんに負担の少ない治療と言えます。
  • 涙が少なくてコンタクトレンズが使いにくかった患者さんは、コンタクトレンズ装用による目への負担が軽減できます。

デメリット

  • 涙は、涙点から排出されるときに目の老廃物や外界から侵入したホコリや異物も一緒に排出します。分泌だけではなく、排出されることも大切なはたらきなのです。涙点をふさぎ排出を減らすことは、この老廃物や異物も目の表面に一緒にとどまることになります。このため、目やにやかゆみが増えることがあります。
  • 反射性分泌のある人は、風にあたったり、ちょっと感動したりしたときに、涙がいつもよりポロポロとあふれ出るようになることがあります。
  • 通常、プラグの違和感はあまりないことが多いのですが、サイズが合わないなどではずれてしまったり、目の表面に触れて角膜や結膜を傷つけてしまうことがあります。この場合は装着の継続が難しくなります。
  • まれに、異物として体がアレルギー反応を起こしたり、感染や、肉芽を形成する(涙点の内側の組織が盛り上がってくる)場合があります。肉芽は装着をやめれば縮小、消退すると言われています。

涙の油分のケア

涙の油分のケア

目を表面をおおう涙。実はそのいちばん外側を「油の膜」がおおっています。油の層は、涙を乾燥から守るバリアの役目や目の表面をきれいな曲面に仕上げて、より質の良い視力をを得る役目をしています。この油分は、まつ毛のすぐ内側に並んでいるマイボーム腺から分泌されています。この腺が詰まってしまったりトラブルを起こすと油がスムースに分泌されません。

  • 目を温めると、油分の状態が改善します。蒸しタオルを目の上にのせて、ひと休みしましょう。
  • 夜はシャワーだけでなく、湯船にゆっくりと入ってリラックスしましょう。

近年、お化粧のアイラインなどで、この腺を詰まらせてしまいドライアイを発症しているケースが見られます。悪化すると腺が炎症を起こして大きく腫れてしまうこともあります。まつ毛の内側にお化粧するのは、控えましょう。