院内風景

外観

外観

待合室

待合室

診察室

診察室

患者様との対話を大切に、丁寧に説明をさせていただきます。

検査室

検査室

4階

①OCT(光干渉断層計)
網膜疾患及び緑内障の早期発見、経過観察、治療方針の決定に不可欠な検査です。眼内のCT・MRIともいえるOCT検査。従来の眼底検査では、眼底の表面の変化しか 検出できませんでしたが、OCTでは、眼底の深層のわずかな変化も検出できるようになりました

OCT(光干渉断層計)

②自動視野計
緑内障や黄斑疾患・視神経疾患などの早期発見や経過観察に有用な機器です。コンピュータ化によって検者の技術に左右されないという客観性があり、長期にわたる経過観察に優れます。

自動視野計

3階

①前眼部OCT(CASIA)
円錐角膜や緑内障の診断及び精密なコンタクトレンズフィッティングに効果を発揮する前眼部の検査です。その精密なデータを元にコンタクトレンズのフィッテイングを行います。隅角検査及び角膜厚検査などの緑内障診断に有効なデータも得られます。

前眼部OCT(CASIA)

②スペキュラマイクロスコープ
角膜において、角膜内皮細胞という角膜の無色透明度を保つ為の組織の細胞数を調べる検査になります。角膜内皮細胞は一度壊れると再生する事はないため、コンタクトレンズ装用に伴う酸素不足による減少など定期的な観察が必要になります。

スペキュラマイクロスコープ

③ビデオスリット
細隙灯顕微鏡にビデオカメラを装着したシステムです。動画及び静止画の撮影及び保存が可能です。顕微鏡にて拡大したコンタクトレンズの撮影と保存が可能です。使用しているコンタクトレンズの状態を拡大画像でご確認いただけます

ビデオスリット

④オートレフケラトメータ
眼の屈折度と角膜曲率半径を他覚的に測定します。

オートレフケラトメータ

⑤ラジアスコープ
ハードコンタクトレンズのベースカーブとレンズの歪みを計測します。

ラジアスコープ