小児眼科外来

小児眼科外来 担当医 森実 秀子

小児眼科外来 担当医 森実 秀子

土曜日 午前10:30-12:30担当
お電話にてご予約の上、ご来院ください。

慶応大学医学部眼科学教室入局。
国立小児病院(現、国立医療機構成育医療センター)医長、
国立小児病院附属視能訓練学院主幹を歴任。

Ⅰ 当外来の特徴

0歳児から診察可能です

子供の斜視、弱視の治療の一番のポイントは、早期発見・早期治療です。人間の眼は、生後3ヶ月から2歳くらいの間に急激に成長します。その際に屈折異常や斜視等が原因で眼の成長が妨げられることで弱視や斜視になる場合があります。人の眼の機能の成長は、8歳頃をすぎると治療に反応しにくくなります。それ以前の感受性の高いなるべく早い時期に治療を開始することが大切です。特に「弱視」は、早期発見、早期治療で治療可能なことがほとんどです。当院では、様々な検査器具を用意し、3歳児以下のお子様にも積極的に検査と治療を行っております。ご相談だけでも大丈夫です。どうぞご気軽にご来院ください。

Ⅱ 弱視

弱視とは

弱視とは、眼鏡をかけても視力が十分でないことをさします。裸眼で、0.01など見えづらい視力でも眼鏡をかければ視力がよくでる場合は、弱視とは言いません。視力は、成長に伴って徐々に成長します。0歳では、0.1ぐらいの視力しかありませんが、3歳頃には大人と同じくらいの視力になります。0歳からの視力の成長期に何らかの原因で、成長が止まってしまい眼鏡をかけても視力が上がらない状態を「弱視」と言います。

弱視のサインかも・・・「弱視」親の注意ポイント

  • ☐ 片目をつぶってみる
  • ☐ 眼を細めてみる
  • ☐ 顎を上げてみる
  • ☐ 横目使いでみる
  • ☐ 頭を傾けてみる
  • ☐ 上目使いでみる
  • ☐ 目の前の小さな物をつかみ損ねる
  • ☐ 塗り絵などの細かい作業が出来ない
  • ☐ 細かい作業の際に集中力が続かない

弱視の原因

1.遠視

視力の成長期に一定量以上の遠視があるためにピントが合った状態で物を見ることが出来ないために視力が成長しない弱視です。

2.不同視(左右の視力が違う場合)

片方の目に遠視、近視、乱視などがあるために片方の眼だけが「弱視」になる視力障害です。片方の眼は、正常に発達するために周囲からは、判別しづらいことも特徴です。

3.斜視

斜視のある眼が網膜の中心で物を見ていないために視力が発達しない為に起こります。斜視のない方の眼の視力は良好なことが多いです。斜視の程度が小さい場合もあり、片眼の視力が良いため周囲から、判別しづらいことも特徴です。

4.遮蔽

先天性白内障などの疾患、高度の眼瞼下垂、眼帯装用などで乳児期に眼を使わない期間があることが原因の弱視。先天性白内障などの疾患の治療を行うなど遮蔽の原因を取り除いた後に弱視の治療を行います。

弱視治療の3つのポイント

1.弱視の治療は早期発見早期治療が重要です。

視力の成長は、8歳頃をすぎると治療に反応しにくくなります。それ以前の感受性の高いなるべく早い時期に治療を開始することが大切です。「弱視」は、早期発見、早期治療で治療可能なことがほとんどです。是非、ご気軽にご相談下さい。

2.度数のピッタリ合った眼鏡をかけること。

弱視治療の第一は、度数のピッタリ合った眼鏡をかけることです。ピッタリと合った眼鏡の度数を測定するために眼科では、調節麻痺剤という点眼薬を使用した屈折検査を行います。その他、視力検査や斜視検査など様々な検査の結果を総合して度数の決定を行います。眼鏡は、かける位置も重要です。アフターサービスのしっかりした眼鏡店での作製をお勧めいたします。なお、8歳以下のお子様の弱視・斜視の治療用眼鏡には、補助金が出ます。

治療用眼鏡助成制度についてはこちら

3.片方の眼だけ弱視の場合は、視力の良い方の眼を隠します。

不同視弱視などの片眼のみ弱視の場合、良い方の眼を隠し、弱視の眼を使うことで視力の成長を促します。良い方の眼を隠す方法としては、アイパッチがあります。アトロピンという目薬を使う場合もあります。

Ⅲ 斜視

斜視とは

右眼と左眼の視線が別の場所に向かっている状態です。視線のズレの方向によって、内斜視、外斜視、上下斜視、回旋斜視などがあります

小児斜視の弊害

弱視を誘発する。

発達期に斜視があると斜視のない方の眼だけを使うことになります。したがって、斜視のある眼を使うことが少なくなり、斜視のある眼の視力の成長が遅れ弱視になる場合があります。

立体感覚、奥行き感の発達が遅れる。

人間は、2つの眼で見た情報を脳で一つにまとめます。これにより立体感覚や奥行き感などを感じます。この能力を「両眼視機能」といい、斜視があるとこの能力の発達が遅れます。両眼視機能は、9歳ころでほぼ大人と同じ機能に成長しますので、その後は、治療をしてもその効果が著しく下がります。早期発見、早期治療が重要です。

斜視の種類(主なもの)

遠視が原因の斜視(屈折性調節性内斜視)

遠視のある方に起こる斜視です。遠視があるとピントを合わせるために眼を緊張させます。緊張すると眼が内側に寄ってしまうことが原因の内斜視です。遠視の度数のピッタリ合った眼鏡をかける治療を行います。足りない場合は、プリズム度数という視線を調節する眼鏡を装用します。

近くを見る際に眼を内側に寄せ過ぎる斜視(非屈折性調節性内斜視)

人は、近くの物を見るときに眼を緊張させます。その緊張とともに眼の位置も内側を向きます。この際必要以上に眼を内側に寄せてしまうことが原因で起こる内斜視です。遠くを見ているときは、眼の位置は正常ですが、近くを見たときだけ内斜視になることが多いです。近くを見る際に力を抜く眼鏡をかける治療を行います。足りない場合は、プリズム度数という視線を調節する眼鏡を装用します。

間欠性外斜視

体が疲れているときや、朝起きがけにぼんやりしているときなどに視線が外側に外れる斜視です。通常時に斜視はありません。この斜視は、通常時には斜視が無いので両眼視機能の成長を妨げることは、あまりありません。

斜視の治療

眼鏡による屈折矯正

主に遠視の屈折性調節性内斜視の方の治療方法です。遠視の眼鏡をかけることにより余計な眼の緊張をとることで、斜視を誘発しないようにします。なお、遠視の眼鏡をかけても残ってしまう斜視は、眼の位置を矯正するプリズムレンズを眼鏡に組み込みます。もう一方、非屈折性調節性内斜視の方には、遠近両用眼鏡をかける治療を行います。近くを見たときの眼の緊張を緩和し、眼の緊張に伴う内斜視を緩和する治療です。

プリズム眼鏡装用

メガネにプリズムを入れて光を屈折させ、斜視眼を正常眼と同じ視標が見えるようにする治療です。斜視自体が治るわけではありませんが、プリズム眼鏡の装用により、両眼視機能の成長を促します。

斜視手術

目のまわりに付いている筋肉(外眼筋)を調整して、目のずれを治します。なお、当院では斜視手術は行っていません。

Ⅳ 屈折異常

「近視」

近視

近くの物は見えますが、遠くの物がはっきり見えない状態のことです。目がピンポン球よりも玉子形をしていて、目の奥行きが長いことにより、網膜の手前で焦点を結んでしまいます。また、角膜や水晶体の丸みの変化によっても「近視」は起こります。「近視」はマイナス(凹)レンズによって矯正します。

「遠視」

遠視

遠くも、近くも見えにくい状態のことです。目の奥行きが短いことにより、網膜の後ろで焦点を結んでしまうわけです。また、角膜や水晶体の丸みが適切でない場合も、「遠視」となります。こどもの遠視では、遠方、近方ともよく見える場合がありますが、これは、ピントを合わせる水晶体の調節力が充分に働くからです。「遠視」はプラス(凸)レンズによって矯正します。

「乱視」

乱視

角膜が球ではなくラグビーボールのような形になっていたり、凹凸があることで起こります。「乱視」は、トーリック(円柱)レンズによって矯正します。

Ⅴ 小児外来検査機器のご紹介

一般的な視力検査機器では、3歳以上にならないと視力・斜視検査が出来ません。
当院では、なるべく早期からの治療開始を目標に3歳以下のお子様でも視力・斜視の測定が出来るよう専用の測定機器を多数取り揃えております。

森実式ドットカード

通常の視力検査がまだ理解できない3歳以下のお子様の近方視力を測定します。

森実式ドットカード

カーディフカード

通常の視力検査がまだ理解できない3歳以下のお子様の視力を測定します。

カーディフカード

グランドセイコー

通常のオートレフでは、測定出来ない3歳以下のお子様でも、屈折測定用のハンディタイプの測定機械です。

グランドセイコー

ラングステレオテスト

絵が飛び出して見えるかどうかを確認します。、立体視の検査です。両眼でしっかり見ることが出来ると絵が飛び出して見えます。

ラングステレオテスト

単独絵視力表

通常の視力検査がまだ理解できない3歳以下のお子様の遠方視力を測定します。

単独絵視力表

シノプトファ(大型弱視鏡)

斜視及び弱視の検査・診断・訓練に使用します。

シノプトファ(大型弱視鏡)

プリズムバー

斜視角の定量に使用します。

プリズムバー

フレネル膜検眼セット

斜視の検査及び眼鏡の装用練習に使用します。

フレネル膜検眼セット

Ⅵ 子供の眼鏡

斜視や弱視の治療には、ぴったりと合った眼鏡の装用が欠かせません。治療用眼鏡では、度数がぴったりと合っていることは勿論のこと、眼鏡をかける位置も重要です。眼鏡が曲がった時の調整などアフターサービスのしっかりとした専門店での眼鏡の作製をお勧めしております。