緑内障の検査

緑内障は、眼圧検査、眼底検査、視野検査等で診断されます。定期検診等でいずれかの検査に異常があった場合、必ずもう一度眼科医の診察を受けるようにしましょう。

眼圧検査

直接、目の表面に測定器具を当てて測定する方法と目の表面に空気をあてて測定する方法があります。

眼底検査

視神経の状態をみるために、視神経乳頭部を観察します。視神経が障害されている場合陥凹(へこみ)の形が正常に比べて変形し大きくなります。

視野検査

視野の欠損(見えない範囲)の存在の有無や大きさから緑内障の進行具合を判定します。

緑内障の検査